【ポケモン】ねるにち10パートナーズ杯考察 VSくろがねさん

ポケモン
この記事は約3分で読めます。

大会ルール(3分さんのブログ)

ルールをざっくり言うと、

・事前に10体のパートナーズを見せ合い、その中から最低5体をパーティに入れる
・シーズン19の採用数TOP50のポケモンは、2体まで&ダイマックスできない(OR枠)
・自由枠として、パートナーズ以外(かつTOP50以外)から1体採用可能。

 

くろがねさん10パートナーズ

OR枠

ゆーたろ10パートナーズ

 OR枠

 

 

ゆーたろの採用パーティ

 

ユレイドル 自由枠

レジエレキ&ウオノラゴンに対してはあまり隙を見せたくないため、水と電気に耐性があるポケモンを探していた。10パートナーズのガマゲロゲは対策済と思われることから、自由枠としてユレイドルを採用した。宿り木&再生&ギガドレで場持ちがいいことや、メテオビームで後続に負荷をかけられること、草タイプでありながら飛行が等倍であることが強みだと思う。

 

カビゴン

相手の10パートナーズに格闘タイプがいないことから、氷の一貫を切るためにあついしぼうカビゴンを採用した。当初案では達人の帯だったが、ダイマ枯らしや対面操作にあくびを採用したかったので、迷った結果オボンにした。後述するアシレーヌに食べ残しを取られたかわいそうなdb

 

ランドロス

カビゴンのあくびで剣舞の起点を作れればわかりやすく強い。電気の一貫を切る枠であり、エースにもなれる。バイバニラ+パッチルドン(自由枠)が見えた場合、天候を変えつつバイバニラを落とせればかなり有利なため、突っ張りの選択ができるようヤチェのみを持たせた。砂の力ダイアースで無振りダイマパッチルドンが確定1発、HB特化ギガイアスが87.5%の乱数1発。

 

アシレーヌ

ウオノラゴンに隙を見せないようにしたいこと、あくびシャワーズに対して身代わりから有利がとれそうなこと、その他のパートナーズにも刺さりがいいこと、レジエレキの選出誘導などを期待して採用。ユレイドルと合わせて水タイプに対して圧力をかけられると考えた。

 

ミミッキュ

あくびシャワーズの対策枠。少し面倒なギガイアスにも剣舞→ウッドハンマーでダメージが見込める。ミミッキュは基本サポートで使っていたので、アタッカーを警戒されないのでは無いかと考えた。こいつがいないとウオノラゴンのけたぐりが一貫するので、技選択の圧力もかけて欲しい枠。

 

ウーラオス

ギガイアス、バイバニラでタスキがつぶれる可能性が高いと考え、スカーフウオノラゴンの上から殴れるようにスカーフを持たせた。トゲキッス、オンバーン以外には比較的有利が取れそうなこと、ウーラオスに勝てる型のしんそくレジエレキを採用していたら、レジエレキの選出誘導にもなる(=ユレイドルの役割ができる)と考えた。こまったらミミウーラ。

 

 

 

 

対戦動画

 

【ポケモン剣盾】ねるにち10パートナーズ杯準決勝 VS くろがねさん(※考察とルールは概要欄へ)
タイトルとURLをコピーしました