【ポケモン】ねるにち10パートナーズ杯考察 VSディさん

ポケモン
この記事は約3分で読めます。

大会ルール(3分さんのブログ)

ルールをざっくり言うと、

・事前に10体のパートナーズを見せ合い、その中から最低5体をパーティに入れる
・シーズン19の採用数TOP50のポケモンは、2体まで&ダイマックスできない(OR枠)
・自由枠として、パートナーズ以外(かつTOP50以外)から1体採用可能。

 

ディさん10パートナーズ

OR枠

ゆーたろ10パートナーズ

 OR枠

 

 

ゆーたろの採用パーティ

 

ポリゴンZ 自由枠

相手の選出を予想したときに、自由枠としてはユキノオーorパッチルドン、選出は「ライコウ+対ガマゲロゲ要員」が丸いのではないかと考えた(予選のさかみやさん、ラークさんも同様だった)。ゾロアークまで考慮すると、どこから草技が飛んでくるかわからないため、ゾロアークが化けていてもいいように火力でごり押しをするポケモンが適任に思えた。

ここで、相手の10パートナーズにゴーストタイプが不在、かつノーマル半減がドータクンのみであることに着目し、ポリゴンZを選出軸にすることを決めた。ヨプのみを持たせることで、鉢巻ウーラオスに臆せず強気に初手から出していける。素早さはトゲキッスを意識して最速。技については、見えているパートナーズからノーマル技+悪技、ダイウォール媒体になる悪巧みまで確定。あと1枠は悩んだが、ランドロスにダイアースから入られるとダイアタック×2で落とせなくなることや、自由枠としてユレイドル(岩・草)が来た際に有効打に乏しいこと、タスキをつぶせる可能性等を考慮して、氷技を採用した。

 

ミミッキュ

基本的にはポリゴンZの初手ダイマを想定しているため、相手の後発ダイマをいなせるように尻尾ミミッキュを採用した。HDにほぼ振り切っているのは、珠トゲキッスまで後出しが可能になるため(ピント急所は低乱数で落ちる)。ゴーストダイブを採用したかったが、基本選出がポリミミカビになると想定され、悪ウーラオスに隙が大きいためじゃれつくにした。また、タスキパルシェンを考慮すると、かげうちも切れなかった。

 

カビゴン

非ダイマのエース枠。尻尾トリックとの相性がよく、ダイマ後の1対1性能が高い。また、ポリゴンZと同様、ノーマル半減が少ないことから採用した。攻撃技はウインディの鬼火を意識した空元気、ドータクンやカビゴンミラーに強いDDラリアットを採用した。自由枠予想のパッチルドン、ユキノオーを考えると炎技を採用したかったが、自由枠よりも見えているパートナーズを考慮した。

 

アシレーヌ

単純に相手の10パートナーズに刺さっており、対策枠が用意されているであろうことから、選出が読みやすくなることを期待して入れた。あまり出す気はないが、アシレーヌどうすんのパーティだったら選出を検討する。あまり出てきてほしくないウオノラゴン、悪ウーラオス、パルシェンの選出を抑制したい枠。

 

ガマゲロゲ

ここも対策が用意されているであろう枠。アシレーヌも考慮すると、電気技よりも草技による対策が予想されるため、リンドのみを持たせた。選出誘導枠。

 

ウーラオス

汎用性が高く、予想外のポケモンが来ても対応できる枠としてタスキ悪ウーラオスを採用した。カウンターはあまり打つ相手がいないように思えたため、面倒な耐久ポケモンに打てる挑発を採用した。

 

 

 

 

対戦動画

 

【ポケモン剣盾】ねるにち10パートナーズ杯準々決勝 VS ディさん(※考察とルールは概要欄へ)
タイトルとURLをコピーしました