【ポケモン】ねるにち10パートナーズ杯考察 VSラークさん

ポケモン
この記事は約2分で読めます。

 

大会ルール(3分さんのブログ)

ルールをざっくり言うと、

・事前に10体のパートナーズを見せ合い、その中から最低5体をパーティに入れる
・シーズン19の採用数TOP50のポケモンは、2体まで&ダイマックスできない(OR枠)
・自由枠として、パートナーズ以外(かつTOP50以外)から1体採用可能。

 

ラークさん10パートナーズ

OR枠

ゆーたろ10パートナーズ

 OR枠

 

 

ゆーたろの採用パーティ

 

ズガドーン

ウルガモス、アーマーガアに強めに出られるが、ラークさんのパートナーズにいるウオノラゴン、ドラパルト、ライコウあたりに上から弱点を突かれるのが気になっていたところ、計算したらC<Sにできることに気づき、ビーストブーストでSを上げれば逆に有利なのでは?という思考で、自由枠に任命した。
防御はかなり低いが、ローブシンのマッハパンチはスカせるので、ダイマックス性能も高いんじゃないかと思っている。

 

ボルトロス

初手のサダイジャ、後続のウオノラゴンや積みエースに対し、十分に嫌がらせができる。ライコウやトゲキッスにかいでんぱを入れることで、後述するアーマーガアの弱点保険を安全に発動させられるような気がした。

 

 

ガマゲロゲ

前2戦をちょすいで使用したが、ラークさんの10パートナーズにはすいすいゲロゲが刺さっているように見えたので採用。また、初手に出してステロをまくことも想定していたため、先発で出てきそうなサダイジャのへびにらみを警戒してラムのみを持たせた。

 

ミミッキュ

ボルトロスが出しにくそうな時に選出したい枠。しっぽトリックでダイマターンをからしつつ、トゲキッスやアーマーガアの起点作り、ズガドーンのビーストブースト発動の手助けをしたい。

 

アーマーガア

相手のアーマーガアへの対抗手段であり、ローブシンの選出を牽制する枠。弱点保険はドラパルトやトゲキッスから飛んでくるかもしれない炎技を意識している。

 

 

トゲキッス

壁ライコウっぽかったら出そうかなと思っている枠。ボルトロスの電磁波怪電波、ガマゲロゲのステロから展開すれば普通に強そうなので、自由枠で変なのが来たとき用のお守りとして採用。

 

 

 

 

対戦動画

 

【ポケモン剣盾】ねるにち10パートナーズ杯 VSラークさん(※考察とルールは概要欄へ)
タイトルとURLをコピーしました